FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
サロモンのソフトフラスク改造
サロモンのハイドロパックを使用しています。
飲みくちが遠いですよね。
走りながらだと首をグイッと曲げないと飲みくちに到達しません。

スピードストローという商品がサロモンの正規品で販売されていますが、高いってのと、最新の広口フラスクにしか対応していない。あと、高い。税込み1080円

moblog_60cb6b4b.jpg

というわけで改造してスピードストロー化しました。

購入状態のソフトフラスク。
グイッとフラスクを持ち上げて首をグイッと曲げないと飲みくちにありつけないので走りながらだと飲めないしでストレスです。




余っていたハイドラパックで使われていたと思われるチューブを流用。



外径10mmで若干スカスカなため、シーリングテープでサイズ調整。なので一度はめてしまうと取り外しがなかなか出来なく不衛生。



あと、飲みくちのプラ部分の形状になってしまうため取り付け悪いと漏れます。



というわけで、シリコンチューブを購入。
これなら柔らかく、癖がつくこともないです。
お試しでサイズは二種類。外径が11mmと12mm。内径はいずれも8mmです。



とりあえず貫通。
はめづらいですが強引に通してしまってあとでシワ調整。



飲みくち付けてはい完成。
長めにフラスク側を長めにしておくと抜け防止と長さ微調整となります。



外径12mmの方。結構パツパツですが特に問題ありません。
どちらかといえば11/8mmの方が適正サイズっぽいです。



気密性もバッチリです。



一度アマゾンさんでシリコンチューブを購入したのですがチャイナ製で匂い半端なく、ちょっと我慢して使えるレベルではありませんでした。ので改めてモノタロウで購入。

メーカー名/ 松吉医科器械
8×11mm/1m:599円
8×12mm/1m:879円

外径11mmなら
ソフトフラスク1本あたり150円程度でスピードストロー化できました♪
スポンサーサイト
【2018/09/15 14:19】 | 山・トレイルランニング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
白馬国際トレイルラン(ロング54km)に参加してきました
20180909

白馬国際トレイルランのロングに出場してきました。
前日受付なので県外者は白馬村に前泊推奨。その為、渡部暁斗氏の公演を聞いたり、前夜祭にもしっかり参加してきました。
レース当日の天気予報は右往左往して、週間天気予報が出たときは木曜日以降すべて晴れマークでしたが、台風が通過したらすべて一気に雨マークへ。で、土曜の夜はなぜか降水確率20%とか30%で曇と晴予報に急変。だったにも関わらず、当日は朝から雨降り。結局ゴールするまで晴れ間は一切出ませんでした(*_*)
スタート時のゲストとして渡部暁斗さん(ミドルに出場)、上村愛子さん、スポーツ庁長官の鈴木大地氏が登場で、さすが白馬、さすがRUNNET評価1位といった感じでした。
ロングは54kmで、前半は走れるパートで後半は岩岳を登って、つぎに八方を登る山岳コース。(と言っても獲得標高は2500m程度)
前日までの降雨に加えて当日の雨降りによりトレイルはズルズルで渋滞多発。加えて川があふれる、道が川になる、道が池になる等イベント多数でした(^^ゞ
エントリー850名ほどでどれほどDNSかはわかりませんがロングの部で150位と初めての白馬にしては上出来でした。








































































































【2018/09/09 22:56】 | 山・トレイルランニング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
富士登山(御殿場口)
9月2日

朝8:00から夜8:00まで自由な時間ができたので御殿場口から今シーズン三度目の富士登山してきました。
これまで何度も富士登山してきましたがなんとなく避けられていた御殿場口。
標高も富士吉田馬返しとほぼ同等であることから同じぐらいの時間で登れるだろう、ということで念願の御殿場口チャレンジです。


がしかし、
てんきとくらすでは登山指数Aだったんですけど霧雨模様。登り時間は3時間45分かかりました。
時折晴れ間も見せますがV字回復とはならず結局頂上でクソ寒い中大雨に降られてレインウェア着用しました。

下山では名物大砂走りを初めて降りましたがさすが。
下山時間超はやで、下山口から駐車場まで高低差2200mを1時間41分でした。
しかも足に優しい(^^ゞ

また天気が良いときにリトライしたいです。


御殿場口第一駐車場のトレイルステーション。この時点ですでに霧雨降り続く。。。



登山道の鳥居をスタートします。視界もかなり悪い。



視界悪し。先が見えない登山が続きます。



御殿場口っぽいw



やっとMilestoneに到着。標高2590mの新六合目。



2830mの六合目。下界はよく見える。



わらじ館。七合四勺、細か!



砂走館



赤岩館。宿の人が鍋を洗ってました。



八合目。道が大粒の溶岩になってきました。



八合目から頂上までで雨に降られたため写真がない。剣ヶ峰はせっかく来たのでパシャリ。



下山も最初は寒くて、降りる以外のことを体が受け付けませんでしたwで大砂走りIN



下山するにつれて天気も回復してきました。



大砂走のお陰であっという間に2300mを駆け下りることができました。



駐車場のトレイルステーション。登山開始時に比べると視界も良好



次は天気の良いときに。。。



トレイルステーションのインフォメーション。
まさにその通りでしたが自分が見たてんきとくらすの情報とちょっと違う。。。



【2018/09/02 21:06】 | 山・トレイルランニング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
馬返しから富士登山
8月18日

恒例になりつつある嫁実家に嫁娘を迎えに行く途中で実施する富士登山。
マイカー規制なので馬返しに車を止めて、馬返しから佐藤小屋経由で山頂へ。
シューズはSALOMONのSPEEDCROSS3。これだと砂礫がアッパーを通過しないので靴の中が砂まみれにならずに済みます。
前の日まで世間的には不安定な天気でしたが今日に限っては快晴で涼しいという絶好の登山日和。お陰で1.5L持っていった水分は頂上までで300mL程度しか消費しませんでした。
せっかく頂上来たのでお鉢巡りも。今回は珍しく時計回りに回って馬の背の洗礼を受けました。お鉢巡りは反時計回りのほうが格段に楽に感じますね。

下山中では通常外気温がだんだん上がっていくので暑くなりますが今回は途中から六合目まで雲に入ったためちょうど良かったです。

朝7:30から登り始めて込み込みで14:30ごろ馬返し駐車場に到着。
下山中に靴紐の締め直しを怠ったせいか、右足親指の皮膚がずれて水ぶくれになってしまいました。それ以外はいたって問題なし。
今回は珍しく山頂でコーラを購入したので下山も含めて水分は1L残りました。
持参した防寒着も予備食料、粉末スポドリも使うことなく順調な山行となりました。
帰路は嫁実家に行くのですが渋滞に少しでも巻き込まれるのを避けるために温泉は泣く泣くスキップして帰りました。



馬返し到着。7:00頃で結構いっぱい。



さて馬返しを出発。7:30



五合目到着。富士登山競走と同じように佐藤小屋は通らずに。



頂上到着。涼しくて500mLがこれしか減ってません。



剣ヶ峰渋滞は写真撮影の渋滞です。



というわけで無人の剣ヶ峰をタイミングよくパチリ




下山。下界は少し曇が出てきました。



六合目、安全指導センター到着。これから登る人多数。



帰りは佐藤小屋前を通過。



馬返し入り口の鳥居横の猿まで無事帰還。
天気もよく最高に楽しめました。



【2018/08/18 20:38】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
軍刀利神社ー生藤山ー丸山(ハセツネちょっとだけ試走)
8月11日、山の日です。

嫁実家での山行日記w

ハセツネの一部を試走によるハセツネコースでのストック有効性確認のため、上野原駅出発の上野原駅到着の上野原駅北周回ランを実施してきました。

コースは上野原駅を出発,上野原カントリークラブ方面にロードを走り、軍刀利神社を経由して山道入り,三国山から生藤山に戻ってそこから西方面に時間と相談しながら踏破していくコース。
結果的に暑いし景色もあまり見えないし,丸山まで行って少し引き返して日寄橋バス停方面へ下山しました。
11:48のバスに乗って戻ろうと思って,バス停には余裕をもって11:28に到着しましたが,バス停にある時刻表だとなんと11:25に。
そんな馬鹿な。ネットで時刻表を確認してるのに!

2分ほど呆然して,次のバスまで3時間以上あるし,上野原駅まで日寄橋からだと11kmほどと、走れない距離ではないのと下り基調ということで仕方なく走りました。
意外と少しは高地のせいか暑さはそれほどではない錯覚に陥りましたが,駅北市街地に近づくについれてガンガン日差しが強くなり
自販機にてバス代よりも高く水分補給したかもしれませんw
というわけで駅北周回ランになりました。

バス時刻の件,
ネットで時刻表確認してるのに!
と思いましたが,自分がDLした時刻表は富士急山梨バスHPに落ちている物でしたがどうやら最新ではなかったようで、山梨バスHPのトップページからたどると正規の時間が記された時刻表をダウンロードできました。
うーん,山のバスは恐ろしい。


とりあえずは三国山を目指します。



三国山踏んで少し東に。



生藤山を踏んでスタート



軍刀利神社の奥社。昔は立派な社殿があったとか。



チェックポイントの浅間峠に到着。
ここからストック使用可能なのでストックを出してみる。



時間の都合でここまで日寄橋のバス停を目指し下山します。




とその前に丸山を踏んでおく。



バスには間に合わず、暑い中ランで戻りました。



【2018/08/11 20:17】 | 山・トレイルランニング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2018 富士登山競走備忘録
自分用のメモです。

○準備
木曜日から1日1本経口補水液を摂取でウォーターローディングを実施。


○ウェア
2XUキャップ
SKINSのノースリーブ
Columbiaアームカバー
薄手手袋
SKINSのショーツ
サロモンパンツ
R×Lカフ&ソックス
センスpro2
サロモンS/LAB SENSE 2 SET(500mlハイドロとスマホ,ジェル等を収納)
ポリ袋防寒着(下山用)をウェアポケットへ

○タイムマネジメント
3:15出発
5:15駐車場着(西富士道路経由)
5:30バス待ち
5:50バス乗車


○補給関係
ドリンクの補充粉末の容器は昨年は投入口狭かったため今回は10mlコーニングチューブにしたが,中で少し固まって投入に時間ロス
ドリンクの粉末は2種2つずつ用意。一つはスタート時に使用。5合目と8合目で1つずつ使用。
・VAAMWater250ml分+沖縄塩のぬちまーす2.3g
・グリコBCAAクエン酸250ml分+沖縄塩のぬちまーす2.3g
BCAAはやはり濃いめ。
ジェルは自作ジェル1つとメイタンCCC200を2本。
まんじゅうを一つ持参したが食べずじまい

○レース展開
馬返しまでペースは気にせず心拍のみを管理。
心拍平均175bpmをキープで64分。
もう少し上げても良かったかも。
五合目までのトレイルで渋滞は慢性的に発生していたが止まるような渋滞は無し。
逆に五合目以降の一般登山客が合流する以降から止まるような渋滞がチラチラ発生。

○五合目行きの荷物
タオル
着替えシャツ
2000円(緊急用のバス代)
B級グルメチケット
プロテイン
コーラ
背負い用バッグ→片手にビニール袋は結構しんどいため。
【2018/08/01 05:26】 | 山・トレイルランニング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
富士登山競走に参加してきました。
富士登山競走に参加してきました。。

結果はDNF
このDNFって聞こえ悪いなぁ。
制限時間が4時間30分のところ、
4時間32分でフィニッシュならず。

完走率は43%と近年でもワーストな完走率。
審判長の総評によると好天続きで登山道の条件が非常に悪かった、とのこと。

加えて世界遺産の影響で登山客が多くなっていることも全体的なスピードダウンの一因。
しかしながら登山客優先ですから広いところで追い抜けば良いというわけで。

あぁ悔しい。。。
また一年この思いを引きずりつつ、きつい坂練をして、当日の天気予報にビクビクするのか。。。^_^;

朝霧にて。待ってろよ!山頂!という気分でした。



天気は曇りで条件は良いです。



スタート前



中の茶屋〜馬返しのコンクリ道



さぁ馬返し。ここから違う筋肉になります。



混んでる。



混んでる。。



混んでる。。。



五合目到着。昨年はここで20秒ほどオーバーで関門アウト。今年は2時間6分で9分の貯金。



目指せ山頂!



八合目の関門は3時間56分と貯金は4分に。
と、前方にハブくん発見。



そしてゴール。2分オーバーで未完走。悔しいけど山頂までこれたのは嬉しい。
来年はどんな条件でも制限時間内に必ずここに来る!



参加者に配布された金券は暑かったので桃のスムージーに。



【2018/07/28 06:34】 | 山・トレイルランニング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
【自分用メモ】The4100D マウントトレイルin野沢温泉 2018 ロングの65kmに懲りずに参加した
今回持参したクーラーボックスの保管品
コーラ250mL×2
ミツヤサイダー250mL×1
ネクターゼリー×2
ドリンク1.5L
メイタンCCC:3本
350用コーニング入り粉末::3本
VAAM粉末:3本
メロンスティックパン1袋
ツイストドーナツ1袋

Section1出発時装備
ドリンク500mL,水300mL
メイタン×1
自作ジェル×1
芍薬甘草湯
ドリンク用粉末×1
VAAM粉末×1
冷感スプレー

Section1→2出発時装備
コーラ250mL×1
ネクターゼリー×1
ツイストドーナツ×1
ドリンク350mL補充

Section2→3出発時装備
コーラ250mL×1
ミツヤサイダー250mL×1
ネクターゼリー×1
スティックメロンパン2本
メイタン×2補充
自作ジェル×1補充
ドリンク500mL×2補充
靴,靴下履き替え
ストック使用
【2018/07/17 20:19】 | 山・トレイルランニング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
The4100D マウンテントレイルin野沢温泉 2018 ロングの65kmに懲りずに参加した
●4100D野沢トレイルに参加!
今年も懲りずにThe4100D マウンテントレイルin野沢温泉 in 野沢温泉(ロング65km)に参加してきました。
日本列島は連日の酷暑で野沢も標高が600~1600mで多少は気温低いにしても暑いことは変わらず。
前日入り(7月14日)して受付けを行いましたがその際の夕方の日差しもかなりのもので
明日のsection3での日差しと思うと気が重い。。。

●レース当日も朝から暑い。。。
当日は朝7:00からスタートなので5:00起床,準備,6:00には宿を出発。
予備のウェア類,クーラーボックス,ストックと持ち物多くて一苦労w

シャトルバスでオリンピックパークへ。

スタートの準備をするにしてもすでに暑い。
これは絶対に過去の記録を参考にしてはいけない気候だと判断。
65kmの長丁場,section1と2を終えてようやく折り返しと言われているレースなので
とにかく,前半のsection1,2は最大限の抑え目でいかないと後半が耐えられないと思い
スタートも後方から,周りにつられないように自身の抑え目ペースを維持しました。
目安としては登りは心拍160bpm以下でキープ。下りは足に負担がかからないように小刻みにかつ衝撃押さえつつ。
Section2でも同様に抑え目で。

●暑さ対策は『飲む』では無く『浴びる』

暑さ対策としては
沢があれば水をかぶり帽子を濡らし,
シャワーがあれば水をかぶり帽子を濡らし,
蛇口があれば水をかぶり帽子を濡らし,
湧き水があれば水をかぶり帽子を濡らし,
とにかくスキ有れば頭を冷やす対策を講じてました。
水分の取りすぎは水中毒や低ナトリウム血症に陥るリスクがあるので
あくまで通常通り,口の渇きをいやす程度でおさめておきました。
その結果,昨年に比べてsection1は15分ほど遅く,section2は昨年とほぼ同タイム。

昨年はsection1終えた時点で足終わるという残念な頑張りようでしたから,section2はすでに息絶え絶えでした。そのため今年の抑え目と息絶え絶えがほぼ同タイムという形に。


●暑さ対策が功を奏してsection3へ

それで迎えたsection3。
昨年はスタートするのを本気で迷うぐらい嫌でしたが今年は抑え目と暑さ対策が効いたのか,
「あと30km,全然いける!」という昨年はくらべものにならないほどの調子よさ。
靴と靴下をリフレッシュ,ストックをもってスタート。
結果,昨年より15分短縮できました。
section3で抜かれることは無く,それぐらい後半に温存できたってのと
野沢のsection3はストックがかなり有効であることが確認できました。

そしてゴール。
最後のオリンピックパークへ向かう1kmの登り坂もストック使いながらランができるという驚愕のラストスパートで11時間45分切り。
ぎりぎり日の入前にゴールでき,総合で42位(350人エントリー)と昨年の3桁順位にくらべればかなり上出来でした。

いや~昨年はただただ苦行でしたが今年は楽しい旅でした。
トレランはいかに距離と天候に合わせたペースを見出し,忠実に保てるか。ですね。
そして基本はビルドアップ。最後つらいのってきついから~w

エントリー351名,完走206名とのこと。


スタート前、すでに暑い







温泉街を通ります。野沢温泉のランドマーク、麻釜



セクション1で村内から一路林道に向けて。



毛無山山頂に向かう林道



セクション1の登山道は3・4回ほど沢を横切りました。



毛無山山頂到着。早くエイドに行きたい



毛無山山頂からの眺め



エイドを終えて風ごうろに向かいます



セクション1から帰還して楽しみにしていたクーラーで冷やしておいたコーラ(250ml)



セクション2の小菅神社に向かう石階段。



セクション3序盤。これからあの山を踏破するのか。。。



セクション3、レストランぶなの私設エイド。昨年もお世話になりました。



ここを通過すれば下り基調で長坂のエイドです。



セクション3、長坂駅で最後のエイド、の際のコーラ



残り10km



セクション3、野沢温泉村一望



日の入り前にゴールできました




小布施で立ち寄った栗の木テラス



モンブランを美味しくいただきました

【2018/07/17 18:49】 | 山・トレイルランニング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
土曜日は双子山トレイル
土曜日はホームコースの双子山フルコースへ。

今回はストックワークの練習です。

先日はショートコースでストックワークの練習をしたので今回はフルでの感触を確認。

ですが、関東甲信越では梅雨明け宣言、東海も雨上がりに加えて気温上昇で調子悪。

ストックの感触より体調悪しが上回る結果に。

帰ってくる頃には軽い熱中症のような気持ちの悪さ。。。

暑熱順化のトレーニングができたと考えよう。

いつもの入り口



ショートコースの折り返し地点。ここから富士山が見えます。



雨上がり&時折降雨で湿気が半端ない



一生我慢像も今日はつらそうですw



【2018/06/30 21:41】 | 山・トレイルランニング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。