ジュビロ磐田メモリアルマラソン参戦、初ハーフ



ジュビロ磐田メモリアルマラソン

本日はジュビロ磐田メモリアルマラソン。
マラソン人生初のハーフ出場です。

実は初めて出たマラソン大会もこの10km。思い出深い大会です。(前は会場が違いましたが。)


走る環境は最高でした。

今日は昨日の強風もおさまり気温も低め、比較的曇り空と絶好の条件。嫁と娘は寒い寒いと言っていたぐらい。申し訳ない。。。その為、しばらく車の中で待機。車を出たのが8:45、会場に入ったのが9:05、ハーフの集合が9:05と勝手がわからない会場なだけに結構焦りましたが短時間でアップ、トイレとうまい具合に噛み合って5分前には指定ブロックに到着。


しかしペースがわからない。サブ90は甘くない

9:20に号砲でスタート。
しかしながらハーフは初で、ぺースがわからず。
欲張ってサブ90ペースで。
12kmほどでサブ90のペースランナー集団に追いつきそうに。ここから粘って着ければ。。。と思いましたがなかなか追いつかず。
14kmほどでペースが少しずつ下降曲線、黄金のタレ。
そしてかるく撃沈。
残り5kmがま〜〜辛い。
結局グロスで93分45秒でゴール。


スタジアムのバックスタンドも開放。応援者にも優しい大会

今日は家族も帯同でした。スタジアムではバックスタンドを開放、スタジアム内ではちびっこ向けのラグビー教室やサッカー教室が開催されており楽しめました。
お昼はヤマハスタジアムのバッグスタンドで物販・B級グルメブースで購入したB級グルメを堪能。
家族で来ても楽しめる大会です。
また来年もステップレースとして出たいなぁと思える大会でした。



ゴールゲート。
嫁と娘が待ってるはずがいない!
通信手段、着替えを預けてあったので危うく着替え難民になるところでしたw


家族でスタジアムバックスタンドにて同時開催のB級グルメを堪能。


帰り道、しっぺいがどこからともなく勇み足でやってきて急いでいる模様。少しだけコミュニケーション取ってくれました。


今回の心拍。平均180、落とさずゴールまで。ペース的に限界でした。。。
201711130612115f9.png
スポンサーサイト
【2017/11/13 05:53】 | ジョグ/ラン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
しまだ大井川マラソンでのチップ飛ばしの軌跡
チップ飛ばしの様子が確認できました。
適度に捻っておいたんでさけどね。。。

まだついてます。



20kmから30kmの間で片方の留め具が取れた模様。


JRの高架を超えた地点ではもうありませんでした。。。orz
【2017/11/03 04:13】 | ジョグ/ラン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
雨のしまだ大井川マラソンに参加してきました



しまだ大井川マラソンに参加してきました。

台風の影響で開催が危ぶまれましたが無事開催。

最終的に決定したのは朝4:00ですかね?


あいにくの雨模様ですが参加者7500人だったそうでエントリー者のうち4人中3人が走ったことに。




リバティには水たまりのレベルを超えて川になってる箇所がいくつもありました。リバティ8km地点、16km地点の放水路の橋は一段下がっているのでヒヤヒヤ。特に16km地点は自分が通るときには橋下10cmぐらいまで水位が迫ってましたよ。

水溜りを完全に超えてます。(*_*;


今回、8月9月と実走距離は90kmも行かずそんな練習量で臨みましたがなんとかサブ3.5でしまだ大井川マラソンでのPBを30秒ほど更新しました。
距離の短さはポイント練習に絞っていたため。あとは高橋尚子さんのランニングクリニックでの気づきのお陰でってところで。
ちなみにクリニックでの気付きは腕振り。前後方向にきっちり腕振りしないと効率落ちることがわかりました。

目視でゴールの時計表示でギリギリ3時間29分を切っていたかどうかのところ。
しかしながら記録無し。
ゴールしてからチップ回収しま〜すに回収してもらおうと靴見たらチップが無い!
やってしまいました、チップ飛ばし。
というわけで記録証も出ませんでした(^^ゞ
GARMIN計測では3時間29分03秒。
ランナーズアップデートで確認したら40kmまで計測されてました。あと2km持たなかったとは。。。orz 
しっかりつけたんですけどね〜

次から自前でインシュロックかまします。

40kmまで計測されてました(^^ゞ


ゴール後はゼッケンに500円分の感謝券なる金券がついていたのでそれを使ってよかたいのラーメン。走った体に染みました(^^♪





開催も危ぶまれましたがなんとか無事開催、参加することができ、大会自体も大きなトラブルもなくよかったです。

最後に、
ボランティアの方々はランナーより間違いなく寒さと雨の影響あったかと思います。ホント感謝です。
ありがとうございました。
どうぞ風邪などひかぬようにしてくださいませ。

【2017/10/29 22:38】 | ジョグ/ラン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
南アルプスマウンテンマラソンに参加(しまだ大井川マラソン前のトレーニング)
本日は南アルプスマウンテンマラソン。
雨でしたが先週平日の暑い陽気に比べれば全然良い自分向きのコンディション。

7km登り中心、8kmアップダウン、6km下り中心の21km。トレイル比率は若干少なめ。

エイドも良かったし、ゴール後のもてなしも豚汁→とろろごはん→山菜ごはんジビエ煮込み乗せ→茶羊羹2種→緑茶とフルコースで美味しくいただきました。何より供してくれるおばちゃんたちの笑顔が素敵でまた来たくなる千頭って感じでした。
また来年も出たいな〜

postscript
リザルト出ました。
459人中70番ぐらい。
総合で上位16%ぐらい。
これまで出たトレイル系では最上位でした。


スタート&ゴールゲート


スタート直前


中間エイド
ジャムのせバゲット食べたかった!


ゴール後のおもてなし


ゴール後のおもてなし


ジビエ猪肉


ジビエ鹿肉


シメのデザート、お茶羊羹2種


フィニッシャーマグネット。
雨でしわに。
後日送付してくれるとのこと!


楽しいマウンテンマラソンでした!


購入したTシャツ。二千円なり。


参加賞のアメ。小物入れとして使えるのが良いですね、
【2017/10/16 21:34】 | ジョグ/ラン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
インターバルと登坂走
しまだ大井川マラソンまで一ヶ月切りました。
ロング走なんて全然できてません。。。
8月に練習って暑くて苦手すぎ。日の出前でもだめでした。
ちなみに8月:85km、9月:70kmという体たらく。
もう一度書きますが
「しまだ大井川マラソンまで一ヶ月切りました。」


というわけで9月中頃からようやく満足のいくゼーハーが言えるようになってきました。

とりあえず、スピード脚から遠ざかっているのでまずはインターバル、1kmを5本、キロ4分切りで。
はじめは3本で目一杯でしたが4回目で5本コンプ。

でもって迎えた週末は久々の峠走。
蔵田の天王坂から高根白山神社をゴールとした13.5kmの上り下り。
蔵田の登りは18分37秒とベスト更新。神社からの下り(神社から大杉まで)はほぼベストの7分50秒とかなり追い込めました。

と思ったら風邪ひいた。。。orz





ちょっと東照宮っぽい
【2017/10/03 05:28】 | ジョグ/ラン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
富士登山競走は関門引っかかったのでリベンジ富士登山
というわけで8月19日にリベンジ富士登山してきました。



嫁娘を嫁実家に迎えに行く途中に富士登山をするということで計画化。

天気もてんくらの予報はCになったりAになったりで日々不安定。前日の予報で登りたい時間帯がAになったので登山を決断。

でもって,嫁からは来るときに福一でマグロお願い。と依頼があったものだからさらに計画は緻密化。

で出した計画は以下の通り。

4:00起床

4:30出発

途中朝食確保

5:00福一にてマグロ購入。発泡スチロールもらって保冷剤しこたま入れて保冷。

7:00馬返し着

7:30出発

あとはなるようになる。

といった感じ。



福一の開店に合わせて5:00に到着しましたが,品揃え薄!マグロがちょろちょろ置いてあるぐらい。

さすが5:00!しかしながらおいしそうな赤身があったので中トロと赤身,冷凍のほほ肉を購入して発泡スチロールも適当なものをもらって保冷完了。



一路馬返しへ。



到着も予定通り。心配していた駐車場も7・8台は止めれるぐらいの空き具合。

のんびり支度をして予定通り7:30に出発。



持っていったものは

スポドリ1L,ポケット羊羹3個,メイタンCCC2つ,メロンパン1つ,魚肉ソーセージ1つ,自家製ジェル100CCほど。



走るには少し重い。。。エイドないし仕方ない。小屋利用もアリですが基本ピンチにならなければ使う予定なし。



今回のシューズはトレランシューズをチョイスでセンスマントラ3にしました。

5合目までも頂上までも足裏の安定感はロードのシューズよりやはり良い感じでした。



で,とりあえず佐藤小屋まで。

馬返しからは63分弱。



打ち切りになった時は馬返しまで70分もかかっているので合計でも2時間13分。

これでも関門ぎりぎり。



佐藤小屋から富士山ホテルが次の関門ですが吉田口登山道は山小屋が多すぎて,

どこまでいけばいいのか目標が不明瞭でした。

これもレース前に一度走っておくと解消できそうです。



でもって結局五合目から富士山ホテル本八合目まで1時間50分弱。

合計すると4時間3分で関門アウト~

まぁ結局のところこれが実力でした。



続いて頂上まで,本八合目関門をクリアすればかなりの高確率で頂上まで行ける,という説があるので

楽観視してましたが,かかった時間は40分。

頂上までの時間は馬返しまでのタイム70分を採用して4時間43分でした。

余裕でアウトです。

ですが,来年挑む上でとても参考になる登山となりました。

今年はすこし甘く見ていたところが否めないので次に大いに生かそうと思います。



で,せっかく山頂きたので御鉢めぐりと剣ヶ峰訪問。ここに来るのも下の娘が生まれる前の祈念登山依頼なので2年ぶり。

やっぱり富士山は別格です。



一回りしたので下山します。

メロンパンもってきているのを思い出したので食べながら下山。まぁむせますw。

山頂から6合目の安全指導センターまでは1時間10分。

よしよし,これなら山頂コースクリア後もバスに間に合いそうだ。



で,ここからが地獄でした。

佐藤小屋についたころには水切れです。

ハイドロなので残量が見えず,吸いがわるいなぁと感じた時にはもう枯渇。

おまけに食糧もそれほど食べてないのでハンガーノック気味。

メロンパンと自作ジェル,メイタンCCCはあるものの,さすがに水分なしの状態では摂取するきにはなれませんでした。。。

馬返しまでのトレイル区間,走れずペース上げられなかったため余計に疲れました。



結局,山頂から馬返しまでは2時間7分ほど。



というわけで馬返し⇔山頂は5時間30分で

個人的には満足ペースでした。



さて,来年に向けてがんばろー!




















【2017/08/20 19:09】 | ジョグ/ラン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第70回 富士登山競走
去年のリベンジ,富士登山競走に参加してきました。

昨年は山頂コースに初挑戦でしたが,天候不良により5合目打ち切りとなり山頂コースに臨むことができませんでした。

ということで満を持しての山頂コース挑戦です。



しかしながら2週前に入れた野沢温泉4100Dの疲労感というかダメージが半端なく,

7月16日から10日間ほどは大腿四頭筋に痛みが走るほど。

加えて左足小指親指と右足親指の爪が剥がれる始末。右親指は重症で付け根部分がグズグズになって剥がれたため化膿の恐れもありでした。

2回目トレランで4100D65kmは無謀だったか。。。と後悔。



後悔しても仕方ないのでとにかくレースに出れる状態に持っていきたかったので

大腿四頭筋はファイテンクリームを使用した毎日のセルフマッサージ。

爪も付け根の傷が悪化しないように早々に取り除き,化膿防止のテラマイシンで保護しました。



そしてようやくレース2日前に走れる状態になりました。



そんな脆弱な状態で臨み,ただただ超回復を祈ってレースに参加。



前日に午後半休して嫁実家に移動。

翌日は4:00起き,4:30出発,5:15ぐらいに鐘山グランドに到着してました。

実際には2か所あって,グランドのほうがバス乗り場に近いですが,もう一つのほうがコンクリ駐車場でよさげでした。



車で入念に出発準備。

今回は足のダメージを考慮してファイテン頼みのテーピングを実施。

踵のブレ防止とふくらはぎ攣り防止に加えて,腸骨から膝にかけて大腿四頭筋保護のテーピングを実施。



今回のウェアリングは

上から

・2XUキャップ

・SKINSノースリーブ

・R×Lノースリーブ

・アディダスランパン

・腹巻型ジェルポーチ

・R×Lゲイター

・R×Lソックス

・ターサージール3

で臨みました。



来年への是正pointとしては

ある意味ロードで完走が左右されるため,ターサージールで臨みましたが

トレランシューズでも十分かとも思いました。

実測で片方50gも変わらないし,足裏へ受けるダメージの蓄積をかんがえればサロモンのセンスマントラ3でも十分であったのではと思います。

あと,ランパン下にハーフタイツを今回は着用せずでしたが,これが汗によってランパンがまとわりつく結果に。

煩わしいこと限りなし。。。



というわけで来年はその辺を見直して試走もしたいとおもいました。



で,結果。

五合目関門通過できず!!!



2時間15分23秒で撃沈です。。。



言い訳を述べておくと

今年から五合目関門時間が2時間20分から5分短縮された。で,それをしらなかった。短縮されたのはなんとなく知ってはいたが気にしていなかった。

先々週のダメージがあったため,山頂までの体力温存。そのため心拍を高めないようにしていた。

そもそも五合目で関門に引っかかるなんて思ってもなかった。



上記の理由により関門通過ならずでした。

昨年も五合目打ち切りでしたがタイムとしては2時間01分だったので関門とは無縁だぜ!

とか調子乗っていたのが悪かったですね~

万全を期すためにガーミンで昨年のゴーストを走らせてタイム差を気にしていれば途中で危機感感じられただろうし,

そもそも馬返しでのタイムもいまいちピンと来なかったのも残念ポイント。

残り1kmの小屋通過時点で2時間ぐらいになっていて「あれ,これって2時間15分オーバーか?」

「そもそも関門時間って15分?20分?」のような状態。

半信半疑のまま,たばこ屋通過で残り5分ぐらい。

「たしか試走のときって5分以上かかったような~」とかおもいながらロードにでて

まわりがスゲー焦っている感じが伝わってきて,「あ~関門時間ってやっぱ15分なんだ。。。」と認識。

ロードからトレイル入ってすぐ出てロード跨いでトレイル入って佐藤小屋はすぐそこ。

すでに残り1分ぐらい。

「あぁぁぁ終わった。。。」

目の前で大渋滞が発生。あの狭い佐藤小屋手前に横5列ぐらい人いたんじゃないかってぐらいの渋滞と焦る皆の衆。

佐藤小屋ではカウントダウン,5・4・3・2・1・ゼロ~の時点で小屋の階段少し手前。

階段上るときに係りのおっさんが「もう時間ぎれだから,終わりだよ!」と言っていたのがとても印象的でした。



あぁ俺の夏終わった。。。



係りの人が封じている六合目に続く道を見つめて呆然。

虚無感満載。だって余力ありなんだもの。



しばらくポカンとしているとだんだん関門に引っかかった人であふれてきました。

周りはそれほど落胆している人が少ない印象。ダメもとで挑戦している人も多いんだな~と感じました。

状況になっとくしたいのかしたくないのかよくわからない自分がいましたが

パンとかバナナもらいつつ,五合目搬送の荷物を受け取り下山バスの方向へとぼとぼと歩いていきました。

五合目荷物に仕込んだ山頂クリア後に飲もうと思っていたコーラがあまり冷えておらず旨さ激減でした。

(五合目の気温で割と冷えると思っていましたが甘かった。。。)





まぁおそらくですけど

2時間15分で関門抜けてたとしても次の関門で引っかかっていたんじゃないかな~

とも思える自分の不調さ加減。

練習メニューも階段トレをやらなかったり,トレイルトレにシフトしていたのも否めません。



やはりやるからにはそれにあったトレーニングが必要ですね。



強い人は御岳100km走ったあとでも山頂クリアしているひともいますし,

自分が弱かったということです。



今年は多くのことを学びました。

日々精進,日々成長に加えて抜かりなく万全の体制と隙のない準備を痛感。



限られた時間のなかで自分なりの答えが出るようにしていきたいです。





というわけで,嫁実家に戻ったらフジロック参戦のために新潟へ出発ですw




スタート前。こんな写真撮ってないで真面目に並べ!


というわけで関門オーバーorz...


みんな悲壮感出てるかな〜w
【2017/07/29 17:08】 | ジョグ/ラン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
S-Mountain The4100D マウンテントレイルin野沢温泉2017 65kmに参加してきました
7/16
S-Mountain The4100D マウンテントレイルin野沢温泉に参加してきました。
三連休の真ん中に開催。朝は7:00スタート、ゴールも夕食時ということから前泊と後泊で、まるでウルトラマラソンです。ウルトラ出たことないけど。。。というわけで家族で野沢に2泊3日です。

レースの方は調子に乗って65kmにエントリー。
忍野高原トレイルが初トレイルレース、2回目のレースでこれを選んだのは少々後悔しました。


行ってきました。s-mountain 4100D in 野沢温泉。
人生二回目のトレランのレース。
それが65kmのこのレースとか、少し選択を誤ってる気がしてならない^_^;

当日の天気は通して薄曇りと環境的には最高でした。時折山の天気で雨が降ってきたり。

結果は11時間43分と目標にしてた10時間台には遠く及ばす。身体は要介護状態です。。。

時間の長いレースなので心拍をコントロールしながら進んでいきましたが全3セクション中第2セクション早々で身体と心拍がチグハグになりそれ以降は心拍上げられない辛い道中となりました。

とりあえず月末に控えた富士登山競走の長時間活動トレに十分なったかと思いますが、次レースまでに身体が回復しているかが少々不安です。

今の状況としては
大腿四頭筋はガクガク、両足の親指は変色しており右足の方は付け根がガタガタしており重篤です。


スタート


セクション1の山登り区間での沢渡り。道中ほぼシングルトラックです。


毛無山山頂。いつもはここへゴンドラとリフトを乗り継いで来るのに。


スカイラインコースを下ります。
曇りでしたがいつものスカイラインの景色でした。


セクション2の石階段。苔むしていて雰囲気は最高。ゼーハーしてではなくのんびりと登りたいところw


セクション3へ出発。
あそこまで行ってもまだセクション3の前半か、とげんなり。


今年からオープン。日影のサマーゲレンデ。


日影のスキーセンターに自販機あるから、ということでセクション3は小銭持参で炭酸アンドカフェイン注入!


ナスキーパーク。1人500円ですって。


林間コース等を通ってようやく上の平ゲレンデまで。このあと巣鷹湖を回される。。。



長坂ステーション到着でようやく大きな上りは終了。ここでも身体が欲して炭酸注入。
ただ350mLは多い。。。



カンダハー方面の夕暮れスポット。
ロードメインですがこのときはもう走り続ける気力もない抜け殻状態。このあとにまさかの下りトレール。


でもってようやくゴール。
11時間40分ちょっとでゴール。完全に抜け殻です。
【2017/07/17 07:03】 | ジョグ/ラン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
富士登山競走試走(富士吉田市役所〜5合目佐藤小屋)
7/1
富士登山競走の試走として富士吉田市役所まで行ってきました。
市役所から五合目佐藤小屋までのピストンです。

結果としては2時間9分と昨年の試走と同じタイムでした。
結構頑張ったので昨年の五合目打ち切りの本番でのタイム、2時間1分を切りたかったのですが全然届かず。気温もそれほど高くなかったのですが結果が出ませんでした。

カーボローディングとか、ウォーターローディングとか、あまり気にせず臨んだせいもあるかもしれません。本番では万全な体制で臨めるように準備したいです。

とりあえず試走はこれで終わり。

五合目から山頂はぶっつけ本番でよしにします。


富士吉田市役所着!


娘の午後イチスイミングに間に合わせるため朝3時過ぎに自宅出発。6時スタートを目指しました。その時点では吉田市役所駐車場はまぁまぁ空いてました。


信号で止まったため金鳥居をパシャリ。


佐藤小屋に到着。
到着後に雨が降りだして、これから頂上は厳しそうな感じでした。


下山中の馬返し。
9時頃でパンパンに駐車されていました。


中の茶屋駐車場は奥に若干余裕あり。
【2017/07/01 21:55】 | ジョグ/ラン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
富士登山競走試走(中の茶屋〜5合目佐藤小屋)
富士ヒルクライムはDNSしましたが
翌日は富士登山競争の試走に行ってきました。

時間もあまりない(というか帰りにフジヤマ温泉の朝風呂に入りたい)ため中の茶屋~佐藤小屋にしました。
嫁実家を朝4:00過ぎ出発。5:20にスタート。
佐藤小屋までは1時間27分ほどでした。

昨年の試走では同区間で1時間29分ほど。
本番(五合目打ち切り)での同区間は1時間21分ほど。
ロードはどちらも40分程度。

ロード区間を走っていないので比較としては何とも言えませんが
左足負傷中で足にあまり負担をかけられないことを加味すれば
今年に入って始めたトレイルトレーニングが効いているのか
昨年試走比で同区間の平均心拍は5bpmほど低め。馬返しまでもとまらず走って登るのもそれほどつらさはなかったです。
昨年よりは多少登れる体になっているような気もします。

今回のシューズはサロモンのSENSE MANTRA 3をチョイス。
なんでもよかったのですが丈夫な靴をチョイス。
本番は昨年引導を渡すことのできなかったターサージールTS2を使用予定。
ソールがはがれないことをしっかり確認しておく必要があります。

もう一度ぐらい、今度は市役所から5合目まで試走をしておきたいところです。

帰り道でフジヤマ温泉の朝風呂へ。
朝風呂は620円と10:00以降の価格1400円(土日祝:1700円)と比べれば破格の安さ。
こんなときじゃなければ入れません。
いい値段とるだけあって設備はとても充実しておりました。


中の茶屋
これは帰りに撮影したので割と明るめ。出発時は霧が立ち込めて熊出没注意の表示にガクブルでした。


馬返し(下り方面から)


佐藤小屋


ウェットコンディション。土がズルズルといったほどではありませんでした。
【2017/06/14 23:26】 | ジョグ/ラン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ