土曜日は双子山トレイル
土曜日はホームコースの双子山フルコースへ。

今回はストックワークの練習です。

先日はショートコースでストックワークの練習をしたので今回はフルでの感触を確認。

ですが、関東甲信越では梅雨明け宣言、東海も雨上がりに加えて気温上昇で調子悪。

ストックの感触より体調悪しが上回る結果に。

帰ってくる頃には軽い熱中症のような気持ちの悪さ。。。

暑熱順化のトレーニングができたと考えよう。

いつもの入り口



ショートコースの折り返し地点。ここから富士山が見えます。



雨上がり&時折降雨で湿気が半端ない



一生我慢像も今日はつらそうですw



スポンサーサイト
【2018/06/30 21:41】 | 山・トレイルランニング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
高根山トレイルランニング
本日は6時7時と雨マークがついていたのでバイクトレはやめ。
朝の早いうちからトレイルラン。
いつもは峠駐車場に車を止めてスタートゴールにしていましたが、高根山に行くということで蔵田観光駐車場に車を止めてスタートゴールにしました。
峠駐車場から高根白山神社まではよく行ってましたが初めてその先の高根山に登りました。
山頂手前の広場から山頂に向かう道が多少わかりづらい。山頂到着してそのまま通過、芋穴所のマルカシは初めて見ましたが迫力ありますね。
そこから林道に出て、林道から丸太橋への入り口をロストし、少し林道をそのまま進んでしまいました。
丸太橋を何ヶ所かわたり、車道に出て下り基調のロードを軽快に走って蔵田観光駐車場にて終了。
朝も早かったことから高根山山頂からマルカシまでの熊笹区間はビビりながら、熊鈴全開でした(^^ゞ


スタート地点となる大杉
moblog_5184af51.jpg

神社到着。いつもはここで引き返し。
moblog_0fe9df60.jpg

ここから山頂に向けてのトレイルにはいります。
moblog_4bfca3d3.jpg

山頂到着。
moblog_324a9017.jpg

雲が多くて山頂からの景色はいまいちでした。
moblog_4da4d670.jpg

マルカシ到着。思った以上に迫力ありました。
moblog_4ff14586.jpg

マルカシを降りて林道を走るもこの標識を見逃してしばらく行ってしまいました。
moblog_e65e8385.jpg

小さな滝?と丸太橋。
moblog_fb9516ec.jpg

ここを渡るとアスファルト道に出ます。
moblog_c58513c6.jpg

ここから駐車場まで下り基調を気持ちよく走って終了。
moblog_1530e0ad.jpg
【2018/06/23 22:46】 | 山・トレイルランニング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
富士忍野高原トレイルレース(ロング)に今年も参加!
20180607122647eab.jpg

昨年に引き続き,今年も富士忍野高原トレイルレースに参加してきました。

今年も変わらずロングでの出場。
昨年の4時間56分に対して今年は4時間49分と7分短縮できました。


●昨年とのタイム比較
昨年はFOODのエイドごとに時計が設置してあり,そこを写真で撮影していたのでそこを目安に比較してみると…

9.10.59
9.14.27
3分30秒遅れ

10.32.10
10.35.32
3分20秒遅れ

11.43.36
11.40.33
3分早い

というわけで,
1stエイドでは3分30秒ほど抑え目に。
2ndエイドでは遅れが変わってないので昨年と区間ほぼ同タイム。
3rdエイドでは3分早まったので区間で6分の巻き返し。
で3rdエイドから残り約5kmで4分速かったことになります。


●昨年の敗因は知識不足とペース配分の失敗
昨年に比べて楽しく速くゴールできたのですが
昨年出場した際は初めてのトレイルレースであり,コースも全然把握しておらず,
杓子山までガッツリ登って,ガッツリ下り,1stエイドの地点でぐったりでした。
そのため後半は気力で走るのみでした。
おかげで3rdエイド後のガレ場のような林道で転倒,左大腿部を強打して翌週の富士ヒルクライムをDNSする結果に。。。

なので今年の作戦は杓子山までも控えめ,そこからのくだりも筋衝撃を最小限にする下りで体力温存に努めました。
その結果,昨年地獄と思われた大平山までの階段もそれほど苦ではなく,
ミドルコースの方々と別れた後の2周目も昨年はすぐに歩きモードでしたが今年は結構走ることができました。


●今回の得られた結論,トレランはペースメイクがすべて!
ペースが命!ですね。
ロードのマラソンだと,激坂コースと言ってもある程度一定のペースで走れたりしますが
トレランはそれに比べたら激×5ぐらいの坂がお出迎えしてくれるので,そこで無理すると体へのダメージが半端ない。
とにかく体へのダメージは残り距離と相談しながら調整していくことが,楽しく完走するための絶対条件と思えました。

今回は残り3kmで4時間35分,頑張れば50分切れるという状態だったので
出し切る気持ちで4分台にもっていき,最後は時計を見ながら攣る寸前の全力走でゴール。
気持ちよくゲートをくぐることができました。

次回のトレイルは7月の野沢4100D,こちらもペースメイクを意識して楽しくゴールできるようにしたいですね。
(その前に富士登山競争ありますがこちらは全開で。。。)

駐車場からも富士山くっきり。良い天気です。気温上がり過ぎなければ良いのですが。
20180607122635182.jpg

杓子山頂上の鐘スポット。レースでなくのんびり来てみたいポイントの一つ。
20180607122700656.jpg


1回目の二十曲峠フードエイド。
20180607122702213.jpg

フードはまんじゅう、オレンジ、バナナがふんだんに用意されてます。
20180607122701c7e.jpg

美味しくいただきます。
20180607122702d6a.jpg

大平山給水所からの富士山ビュー。
ほぼ中間地点。
2018060712343469a.jpg

笹尾根公園のフードエイド。
散水が気持ちよかったです。
20180607123435aa1.jpg

2回目の二十曲峠フードエイド。
ここまでくれば上りはほぼなし。
201806071234372b9.jpg

走ってるコースは清々しい〜
201806071227021dd.jpg

今回のキネシオテープ。
20180607123625eee.jpg

ふくらはぎも。
20180607123626094.jpg

田んぼでの逆さ富士!
20180607123627f9b.jpg


昨年も天気は良かったのですが雲がちょうど富士山にかかってしまってほとんどみることができず,
今年は雲少なく,いろんなところから富士山を眺めることができました。
【2018/06/03 23:08】 | 山・トレイルランニング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
嫁実家の近場の山へトレイルラン
嫁実家ステイ3日目、今日は嫁実家から頑張ればランでも行ける近場の山へ。

●高山植物目当てに坪山へ。しかしながら。。。
というわけで、車で坪山登山口まで。
最寄り駅で以前もらっていたパンフレットでは
4月から5月にかけて高山植物が見頃とのこと。
イワウチワ、ヒカゲツツジ、ミツバツツジ、イワウチワの群生が見られるとのことで坪山チョイスしました。
が、タイミングが少し遅かったようで、花たちは落ちて間もない姿が散見されました。。。orz

201805191236407ed.jpg
入り口よりすぐ東ルート西ルートの分岐。より整備されている西ルートへ。

2018051912364661c.jpg
これより先、群生地の案内あるものの。。。

2018051912365050e.jpg
群生地のカンバンがあるものの。。。

201805191236510c1.jpg
すでに散り落ちて。。。

20180519123652e5b.jpg
イワカガミヒトツ見つられたぐらい。

20180519124201827.jpg
というわけで40分位で山頂到着。
一坪程度の山頂なので坪山とのこと。

20180519124201d83.jpg
びりゅう館に降りる予定でしたが物足りないので隣の奈良倉山へ。

●一応ルートは押さえていたので隣山まで。

というわけで佐野峠経由で奈良倉山へ。

整備具合は良いとは言えませんがルートを見失うことはありませんでした。
林道に出てから佐野峠に行く方向がわかりづらかったですが基本的に北の方に向かえば奈良倉山に方面に行く感じでした。
林道は緩やかな登りで奈良倉山までノンストップで行くと良いトレーニングになりました。
鶴峠のバス停でロードに出てそこから坪山登山口駐車場まで5kmほど下りをラン。
天気もよく楽しめました(^^♪

201805191345385fa.jpg
佐野峠がよくわかりませんでしたが景色がそれっぽいところを経由して。。。

20180519134857ce5.jpg
奈良倉山山頂到着。

20180519134858534.jpg
奥多摩エリアなのに秀麗富嶽十二景のNo5という。。。

20180519134542057.jpg
そして鶴峠バス停に向かって下山。
途中おちゃめなカンバンに。「これなーんだ」って(汗)

201805191345431ea.jpg
というわけで鶴峠のバス停到着。
ちょうどバスが到着する時間帯でハイカーがたくさんおりました。

201805191345454ce.jpg
鶴峠バス停トイメン。今度はこっちの山にも登ってみたい。

【2018/05/06 12:26】 | 山・トレイルランニング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
4年ぶりの富士登山
2015092301富士山

シルバーウィーク最終日。
訳あって富士登山してきました。
新しく買ったトレランシューズを試してみたくてってのもあり。
(SALOMON SPEEDCROSS3→軽くてフィット感あってよいですね!)

風も強くなく天気も晴天。気温も適温で最高のコンディション。

今回は珍しく富士宮口ルートから。
このルートは学生の時に卒業記念で登ったルートでそれ以来一度も登ってなかったので20年ぶり。そもそも卒業記念が初富士山。

休憩無しでまぁまぁのペースで登ったら2時間9分で頂上まで行けました。(剣ヶ峰ではない。)最後は10分切るためにハァハァしましたが(^^ゞ少しは成長してるっぽいです。

2015092303富士山

それから剣ヶ峰行っておにぎり食べてお鉢巡りして下山して。。。
5時間ちょいの楽しい一人旅でした(^^)/

2015092302富士山


下山のほうが時間かかったのはここだけの話。。。
【2015/09/23 23:04】 | 山・トレイルランニング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
富士山に行ってきました。
はやいもので嫁さんが今日から臨月突入です。
安産祈願ということで本日仕事をサボって有休をつかって富士登山に行ってきました。

登山口は須走口。(今回で富士登山は11回目、内8回が須走口)
天気は快晴。頂上到達まではカラッと晴れておりました。
山開き前の平日なため駐車場はまばらです。
11062900

朝若干出遅れたためこの時点で6:00です。
11062901

山中湖もくっきりです。河口湖もきれいに見えました。
11062902

天気がよいので布団干し
11062903

こちらは座布団干し
11062905
7月1日から山開きとなり富士山は大賑わいになるのでその前準備といったところでしょうか。

ブルでの荷揚げもかなりの頻度でやられてました。
ブルでの荷揚げはどうしたものかと・・・という声もきこえますが。(他の山の山小屋にくらべて・・・の話です)
11062904

そんなこんなでひとまず山頂の久須志神社に到着~
休憩込みで4時間48分。まぁまぁ良いペース。
11062906
かるく休憩してお鉢巡りに。

火口にはかなりの雪があり、お鉢巡りをするには一部トラバースをする必要あり。
11062970


トラバース開始地点
ここから剣が峰(3776m)の入り口にむけてトラバースします。
一応アイゼン(6本爪ですが・・・)使用しています。
11062908

でトラバース終了地点
トラバース中は斜面の下を見れませんでしたwww
11062909

というわけで日本最高地点の剣が峰に到着。んでその場で昼食
登山している人自体が少ないので剣が峰到着からその場を離れるまで誰も来ませんw
11062910

今回活躍の6本爪アイゼン
ゴムバンドが風化してなくてよかった~
11062911

次は生まれた報告ってことで行かせてもらおうかwww

人気ブログランキングはこちら
人気ブログランキングへ
【2011/06/29 22:48】 | 山・トレイルランニング | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
志賀高原と野沢温泉
昨日から今日にかけて嫁と信州の旅。

昨日は志賀高原の紅葉をロープウェイとゴンドラから望み
今日は野沢温泉。
巣鷹湖からのトレッキング。

いつもはスキー場として訪れる野沢温泉ですが
今回は3回目の雪無し訪問。
嫁は初めてだったのでいつもと違う風景に驚くばかり。

そして巣鷹湖からのトレッキング開始。
上ノ平のススキ野を進む。
10101701

上ノ平終点からのショット。
秋っぽい。
毛無山は紅葉ピークでしたがそれより下は来週ぐらいが見ごろな感じですね~
10101702

部分的にはいい具合に紅葉しておりました。
毛無山にのぼる時間もなく、小毛無山を登って昼食。
10101703

帰りはブナ林を通るコースで巣鷹湖にもどりましたが
とにかく人がいなくて。。。
秋のトレッキングってなんでこう人が少ないんだろう・・・
熊に出会わぬよう、無駄に声のトーンを上げながらの会話で帰ってきました。

10101704

秋を楽しめた週末でした♪


人気ブログランキングはこちら
人気ブログランキングへ
【2010/10/18 00:01】 | 山・トレイルランニング | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| ホーム |