11月2回目の3連休
11月2回目の3連休
自転車に乗れたのは1日目と3日目。
1日目は日の出前からの早朝ライドで7:45戻り。メーター読みで平均気温3℃でさみーさみー。
走行距離:35km

で、メインは3日目。
ぐるっぽメンバーの有志で午前中ライド。
練習目的としてはNP3倍練です。
メンバーは半分が普段のぐるっぽトレ1班という豪華メンバーです。
コースは滝沢~地蔵峠~川口~ミカザト~粟周回~空港周回と盛りだくさん。
午前中なんて無理無理無理~と思ってましたが
結果的に8時集合からの空港周回終了で11:59でコンプ。
最後の空港周回で抜け殻。。。大腿四頭筋が攣る寸前までジンジンあつくなりました。

要所要所で高負荷練となったのでデータを見ると
家山ミニストップ手前の坂で17~25秒、金谷小~ミカザトで6~7分45秒でベスト更新。
(7分20秒:296W/65kg)

やはり大勢で走るほうが楽しく苦しめますねw
ご一緒くださったみなさま、お疲れ様でした!
走行距離:108km

川口ヤマザキにて定番の豆大福
DSC_0391 (Custom)_sp (1)

スポンサーサイト
【2014/11/24 22:30】 | 自転車 トレーニング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
東伊豆メリダ・ミヤタカップ
レース3週連続の締めくくり

東伊豆メリダ・ミヤタカップに行ってきました。
この大会は自分が初めてでた自転車の大会で思い出深いです。たしか2000年ぐらい?
DSC_0325 (Small)_sp (1)

今回は初めて周回レースに出てみようと。
というわけで初めてクラス、ビギナークラス、スポーツクラスのなかでビギナークラスにエントリー。
それが午前中で、午後は1時間エンデューロにエントリーしました。

ここ数年MTBはぜんぜん乗ってません。(大体4年ぐらい放置)
とりあえずまともに動く”だろう”で今日までも軽いチェックしかしてません。
最終放置のときにちゃんとメンテしておいたのと、半室内での保管により思いのほか稼動は適でした。
DSC_0325 (Small)_sp (5)

いつもサービスのキンメの味噌汁。
DSC_0325 (Small)_sp (2)

久しぶりに味わいました。
DSC_0325 (Small)_sp (3)

結果的には、
ビギナークラス40歳未満の部で3位でした。
まぁエントリーも少ないんですけどね。。。(同一カテは13名)
DSC_0325 (Small)_sp (6)

の割には賞品がしっかりしているのがこの大会。
1位はこれにフロントフォークがついてた模様w
すべてのカテゴリーの一位にチャンピオンジャージだし。
DSC_0325 (Small)_sp (7)
久しぶりのオフロード実走でしたが、もう完全に走り方忘れてます。。。
ガレ場?岩場?タイヤの接地感がぜんぜん無くてずるずる。
前半のセクションでこれらが多いので完全に出遅れでした。
あと、フレームサイズが小さいのかな~
とりあえず2周で血の味でした。

午後の1Hエンデューロは35人中10位。
午後は年齢別カテゴリーとか無いのですが思ったよりまともな順位で安心。
1時間のインターバルはしんどかったですが
次第に走り方を思い出してきて楽しかったです。
リスキーな感じでアドレナリン全開になるのは楽しすぎ。
なんだか同級生と自転車を始めたころの嬉しさ楽しさを思い出しました。
あのころは「非日常」ってたのしんでたなぁ。

にしても、
MTBでのオフロード走行は常にいつでも高負荷で、登坂、芝、枯葉だまり、岩場、ガレ場等でいつでも高負荷をかけられる準備が必要ってことを再認識。
これっていつでもアタックに備えられるってことですかね?

楽しい一日で、
29erが欲しくなりました。

下は帰りに入った熱川温泉 高磯の湯です。貸切♪
ただ、せっけん関係が使用禁止なのでMTBでの汚れを落としたいのであれば別のほうがお勧めです。。。
DSC_0325 (Small)_sp (4)
【2014/11/15 22:57】 | 自転車 大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2014JCRC兼ツールドジャパン西湖ステージ Eクラス
20141108_190416_157sp (Small) (2)

行ってきました。
ツールドジャパン西湖ステージ兼JCRC第8戦兼ブリジストンサイクル杯

今年は久々現地宿泊での参加です。
今回グルッポからはkooogaさん,イタルさんともにCクラス,H瀬さんがXクラス。自分はEクラスで参戦です。

先週から引き続いて天気が微妙。
土曜日も雨予報で検車もやだな~とおもっていましたが
土曜日は何とか曇りときどき晴れ模様となりました。
検車して試走して冷え込んできたので終了~

今日の宿は8km直角コーナーの月見屋さんです。
おばちゃんが気さくで良い宿です。
H瀬さんも車中泊のところ,現地合流で急きょ月見屋宿泊となりました。
そんな急な対応にもこたえてくれるのもGOODですね。
さらに晩御飯がボリューミー。鮎の甘露煮ですか?めちゃくちゃうまかったです。
唐揚げが素揚げぐらいにしてもらえれば満点です。
20141108_190416_157sp (Small) (1)

その日は別宿に宿泊のkooogaさんのところへお邪魔して飲み会。
グルッポの昔の話で盛り上がりました。

さて当日。
ほんの少し晴れ間もあり。
これは期待できると思いつつ朝食。
朝食もボリューミー
焼鮭が皮パリパリでおいしかったです。
20141108_190416_157sp (Small) (5)

部屋に戻ると雲がどんより。
20141108_190416_157sp (Small) (4)

天気予報では午前中は持つような感じなんですが。。。
ドライで走れるかな~と思って朝食後に宿前でアップ開始。その瞬間に雨ぽつぽつ。
スタート地点に向かう頃には小雨。
だんだん粒が大きくなったり小さくなったり。
路面は完全にウェットです。
降ってしまったものはしょうがない。無駄なスリップを起こさない,巻き込まれないように走るだけ。
マーク選手はコバリンのMさんとフォジークのAさん
なんでかは先週の清水町クリテで一緒に走ったから。

で,1周目は比較的まったり。ウェットな路面でみんなが気をつけてる感じです。
コーナーで集団が中央線を横切るんですよね。ウェットなときぐらい完全にラインキープしてくれればよいのですが。。。
というわけで,かなり前めで展開。
マークのAさんがトリッキーに動きます。
結構逃げたりして,脚大丈夫かな?と思うぐらい。
もう一人のMさんは前めで危なげない走り。

で2周目。
前めにいて先頭交代が全然回らないので後ろで展開。
人数的に30人いないので中切れ起きてもすぐに把握できる状態なので安心。
しかも周りに人がいないのでラインキープも自由でストレスフリー。

5km超えたあたりからちょっと活性化してきたのでちょっとしたストレートで前にスススと。
そこからは前めで展開。
ここでもAさんがトリッキーに展開作ります。
これだけ脚使えるのって正直すげーな。って思いました。
Mさんも前めで安定でしたが7kmあたりの後がきつくなる複合の右コーナーでスリップ。
良い走りしていただけに残念。
その後前めで8kmの登りに差し掛かります。
ライン上にグレーチングがありバイクを立てて必要以上に減速。
登りがしんどい。。。
でもここで頑張らないと後がきついので750wで踏みます。

ここからはとにかくアウト側をキープ。
西湖のレースでイン側は落車のイメージが強くて怖いっす。
走っているのがそれほど多くないせいか,結構隙間があるのでいつでも行ける感じ。
こうもり穴でも前に一人いる状態で右はじをキープ。
とその直後の登りに差し掛かったぐらい,左端で2人がアタック。
並走してそのまま行っちゃいそう。ちょっとかけるの早いでしょ!と思いましたがその二人がぐんぐん遠のいていきます。

あ~こりゃいったな。

とおもいつつ,登り終えて自分が全開でスプリントできるところまで静観。
結局PICAの看板超えて,標識当たりからスプリント開始。前に見える人数をしっかりカウントできるぐらい冷静。
3位と4位が見えてる!がんばればいけるか!とおもいましたが,
ちょっと3位が遠くて届きそうもなくそこで脱力。

Y's RoadさんBLOGより無断拝借。。。
1-14西湖 (25) (Small)

結果5位。

あとで写真をみせてもらいましたが後ろとの差も1車身差でした。

久々全開スプリントで腰回りと股関節が痛い。。。
でもFで入賞したときほどは痛くない。

3位は結局Aさんでした。
あとで聞いたら二人でアタックしたのもAさんでその二人が1位と3位。
すげーな。若いって素晴らしい。(Aさんハタチ)
ゴール後に清水町出てましたよね?と声掛けさせてもらって握手。

Mさんも落者後にそのまま走ってきたらしく
周りに落者してすみません,て謝ってた。紳士だなぁ。すげぇ。
こちらも清水町でてましたよね?って言って声掛けさせていただきました。
つうかMさん,朝イチのTTにも出てたんですよね。

というわけで事故も少なく無事に自分のEクラスは終了。
西湖婦人会提供のお汁粉をおいしく頂きました。

表彰式ではプレゼンターが中野さん。
握手してもらってめちゃくちゃ手がでかかった。
(H瀬さん,撮影ありがとうございました!)
20141108_190416_157sp (Small) (6)

20141108_190416_157sp (Small) (7)

5位の賞品
20141108_190416_157sp (Small) (8)

その後着替えもせずにCクラスの観戦。
(正直風邪まっしぐらだな。。。と思いましたが今は全然平気です。)
KooogaさんとイタルさんがそれぞれC1,C2に出場でしたが惜しくも入賞ならず。
それでも10位前後ですげーなぁ。

Cクラス終了後は宿に戻って風呂&カレーです。
月見屋さんはお昼まで出してくれる良宿です。おかわり自由で腹パンです。
カレー食べ終わったころにちょうどXクラスのスタートでH瀬さんの番。
宿の前から観戦です。
1周目も危なげなく,2周目も危なげなく集団の良い位置キープしていたので安心です。
ゴールは見れませんでしたが12位ぐらいだったとのこと。
初の西湖で集団ゴールできれば上出来です。しかもウェットだし。
おつかれさまでした。認定クラスが楽しみですね。

というわけで西湖のレースは終了。
全員が事故なくレースを終えれたことがなによりの結果でした。

さてレースウィーク2週目が完了。
最後は15日のMTBミヤタカップです。

もうね,インターバルトレーニングのつもりででますよっと。
【2014/11/10 06:07】 | 自転車 大会 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
2014 第2回清水町ゆうすいクリテリウムと第2回東西対抗エンデューロinECOPA
11月2日(日)

清水町ゆうすいクリテリウムに参加。
カテゴリーはスポーツクラス19~39歳の部です。(そのほかはビギナーとエリート)
メンバー表でミズノキョウヘイヘイがいるのは知っていたので展開は未知です。

2コーナーはニュートラル的なことが書いてありましたが
まぁ初めから全開です。
しかもスタート時に前方の2選手がクリートキャッチミスで接触?で前方を若干ふさがれ
せっかくのセカンドローが台無し。
でも集団は全開です。砂漠を歩くらくだのように集団のラインは一直線。
どんな向かい風が吹いてるんですか?って感じ。
このときすでに前方30名程度。番手を上げることもできず処刑を待つのみでした。

処刑されてからはなんとなく出来上がった集団に死に物狂いでしがみつきます。
行ってしまった先頭を捉えたい一心か集団の強度は高め。死にそうでした。
集団があきらめたら若干ペースダウン。
というか,この集団がメイン集団ということらしい。
そのため先頭と差が30秒以上ついても足きりに合いません。
(リザルト見て知りましたがこの集団が40名程度いた模様。そりゃメイン集団www)
まぁこの集団が効率が悪く,ローテがぜんぜんまわりません。
先頭からこぼれた集団なんてそんなモンです。
というわけでさっきまで瀕死だった自分もメイン?集団の前方5名以内にとどまってたまに前牽いたりします。
もうね,とにかく完走したいわ!の一心でしたがラスト2周回の第二コーナーを曲がった頃に先頭集団をおしらせする
バイクの先導車がやってきました。このとき皆でガンガン行けばみんな完走できたかもしれませんが
その願いもかなわず,第三コーナー曲がったところでキョウヘイヘイに抜かれます。
でもってメイン?集団は左によって終了~
最後は惰性になりましたが一応順位ついて45名程度中14位。
久々血の味です。これってなんで血の味がするんですかね?
今日会社の上司に聞いたら激しい呼吸で肺の毛細血管が切れるからじゃないの?とのこと。

真相は?


11月3日(月)(祝)

東西対抗エンデューロinエコパに出場。
カテゴリーは2H男子ソロです。

結果は80人くらいで14位。先頭集団に軽くラップされてちゃだめですね。

というか,当日は朝から強風。風ビュービューです。
来週の西湖まではカーボンホイールで・・・
というしょうもない理由でホイールはZIPP404のまま。。。
ディープリムは予想以上に強風の洗礼をくらいました。

先頭集団でいけたのは初めの30分程度。
脚はあるのに,突風であおられるので集団の中にいることが恐怖で踏めません。。。(言い訳)
他人を巻き込んでもあれだしね。。。(言い訳)

千切れてからはDNFしようかとも思いましたがVIVACEの方が拾ってくださり少人数でローテ。
少人数だと多少風であおられても平気なレベル。(要は自転車が過密してなければOK。)
で,足が揃う人と終始ローテをして最終ラップまで。
最終ラップは3人で12~14位争い。(でした。)
デローサ乗りイチヤレーシングの方は強かったです。
13位の方(田○さん)とはハンドル投げ出すぐらいに粘ったつもりでしたがやはり差されて結局自分は14位。(2時間ソロ男子は90名程度の参加)

クリテも無事完走,エンデューロも無事完走。
怪我無しで何より。

とりあえず今週末も西湖がんばります。
【2014/11/05 05:28】 | 自転車 大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |