第八回富士忍野高原トレイルレース(ロング)に参加してきました。レース編
初トレイルレース、富士忍野高原トレイルレースのロング36kmに参加してきました。

今回はレース編。
ホントはコースプロファイルとかちゃんと頭に入れて走ろうと思ってたのですが、すっかり忘れてあまり情報なしにレーススタート。

はじめの山に杓子山、半端ねー。杓子山までの景色はとても良かったですがゆっくりのんびり見てる余裕は無しでした。。。

半端なしな上に周りに引っ張られてテンションは上がり目。お陰でペース配分よくわからずはじめに頑張りすぎて後半グダグダでした。

杓子山までが急登で〜ぐらいしか頭に入っておらず、あとはただ人について登って下って。

ロングは立ノ塚〜二十曲峠を二周目と称して2回通過しますが、2周目に入るときにミドルコースの方々とお別れ。
ミドルの方々と一緒のときはコースが混雑していたりして休むための理由にしてましたが2周目に入るとロングの人しかいない、というか人影少な!コースはどこを走っても誰にも迷惑をかけない状態で休むときは自分のせいで、完全に自分との戦いに。。。もはや精神修行です。
おまけに最終最後の林道にて転倒、左肩擦過傷、左腿強打。残り4kmほど、エンドルフィン?ドーパミン?出まくりのおかげでなんとか走りきれました。

当日の夜は左腿が腫れて膝が曲がらず立膝までが限界。1歳の娘のおむつ替えするだけで悶絶wでしたが今はだいぶ腫れも引いてぎりぎり正座できるぐらいになりました。

初トレイルレースでしたが申告タイム順によるナンバーよりも前の順位で良かった(^^ゞ

走り終わったときは「も~無理これ以上とか考えられない!!」とか思いましたが、次のトレイルは野沢温泉4100D。
距離は1.8倍、獲得標高は2.5倍とか軽く死ねる。



スタート整列。第一ウェーブです。



1回目の二十曲峠給水



笹尾根公園給水



2回目の二十曲峠給水



大平山の給水。ここまでの階段が地獄。


ミドルと別れてからは人はまばら。むしろいません。自身と向き合う精神修行の場。



富士山は終始雲に隠れてほぼ見えず。



スポンサーサイト
【2017/06/06 05:57】 | ジョグ/ラン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |