サイドカットで致命傷・・・
本日はまっき~さんECOMANAGE藤田さんと3人で
藤枝→岡部→野田沢峠→清笹峠→笹間→家山→水道橋→相賀→滝沢→藤枝 100kmちょい 獲得標高1300m程度
を行く予定でしたが
結果的には
藤枝→岡部→野田沢峠→清笹峠→笹間→島田→千葉山→相賀→滝沢→藤枝 114km(自宅~自宅) 獲得標高1400m
(メーター読み)となりました。





清笹までは2人に遅れをとりながらも順調にきましたが
悲劇は清笹から笹間に向かう途中でおきました。
タイヤのサイドカット。。。
行程のど真ん中。45km地点。しかも周りは山山山。
一番やってはいけない場面。。。

サイドカットの経緯としては・・・

走行中にバキーンという音とともにgo flat。
サイドに石が当たってパンクだねってことでチューブ交換。
(そのときに当たった箇所はちょっと線のような傷が入っていたけどそれほど重要視しておらず・・・)

手動ポンプで軽く空気をいれてOK~ってことで
インフレーターで本入れしたらタイヤのサイドがバーン。
傷っぽかったタイヤのサイドがパックリ割れました。

とりあえずガムテープを裏から貼ってチューブ交換。
で手動ポンプON!入る入る~と思ったのもつかの間。
傷口もぷっくら膨らんできました。

これ以上入れたらヤバイってことで空気圧はへなちょこ。
(家に帰ってそのときの固さを再現して圧力計で測定したら2.5気圧程度。まっき~さんいい読みでしたw)

とりあえず笹間の石上に下りるということになり
細心の注意で下ります。
石上にてまっき~さんが島田の知り合いに「クソみたいなタイヤでいいんでありませんか?」と連絡をとってくれました。(多謝!)
タイヤあるよ~ということなのでこれからの作戦会議

で決定事項は

1.行けるところまで行くw
2.細心の注意で走行するw

この後ろ盾として
途中で走行不能になったらまっき~さんが知り合いのところまでタイヤをとりに入ってくれるという
ありがたく心強いご提案があったのでした。

ということで一路島田に向けて出発。


お二人のサポートもあってか何とか無事に島田へ到着。
そのときのサイドパックリ具合がこちら。




もう裂ける~って感じです。

無事まっき~さんのお知り合い宅へ到着し、
早速ご提供していただいたタイヤに交換。
しかもお知り合いのご好意でタイヤも無料提供してくださいました。
「困ったときはお互い様ですから」と。神ですか!ありがとうございます!

無事にタイヤも復活し、そういえば全然補給してないね、ってことで
神に別れを告げて今度はすき屋へ。
ここでECOMANAGE藤田さんとはお別れ。

すき屋で補給した後は
千葉山、相賀と行っていつもの蔵田帰路に帰ってきて終了~

宮原交差点を過ぎた後、まっき~さんに西湖に向けてのスプリントをご提案。
しなきゃ良かった~ってぐらい完敗。全然腰が上がりません。
この借りは西湖で!(クラス違いますがな。。。)


お二人さま、本日はトラブルで大変ご迷惑をおかけしました~
また懲りずに行ってくださ~い


人気ブログランキングはこちら
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
【2011/11/03 17:47】 | 自転車 トレーニング | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<JCRCメンバー表 | ホーム | ソロ練で蔵田でスプリント練>>
コメント
似たような経験が・・・。そのときはミヨシさんに助けていただきました。
【2011/11/03 21:36】 URL | koooga #-[ 編集] | page top↑
自分もサイドカットに遭うのは初めて。対処法は知っていましたがいざ遭遇するとテンパリますね~
今回は仲間といっしょだったのでホント心強かったです。あれが一人のときだったらガクブルです。。。
【2011/11/04 22:59】 URL | ハギワラ #GCA3nAmE[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettadens.blog62.fc2.com/tb.php/257-6cfa66e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |