エナジージェル自作その二
あけましておめでとうございます。
今年も健康に過ごせますように。。。

さて、粉飴の代用品としてチョイスしたのが
イソマルトオリゴ糖です。



事のきっかけはメイタンのサイクルチャージCCCの原料を見たこと。
通常エナジージェルの主原料はデキストリンですがサイクルチャージはマルトオリゴ糖でした。
自分がレース等でサイクルチャージ使ってても特に支障なしだし代用できる?と思った次第です。

で、エナジージェル作った結果、作るのがとても楽!
なにせ初めから液状なので水分と入れたいもの入れて混ぜるだけ。量り取ったらもう完成。ぐらいのスピード感です。

しかも安価。3000kcalで300円程度。粉飴の半額ほどのコストパフォーマー。

というわけで粉飴が余ってますwww

次は実践投入結果とまだ調整の予知ありな分量でも書きます。
【2017/01/03 05:19】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
エナジージェル自作
今回はつくばマラソンで試した自作エナジージェルの話です。

ようやく自分のところにもエナジージェル自作の波がやって来ました。

ふむふむ基本はデキストリンである粉飴を使って自作するとな。
というわけで粉飴をアマゾンさんで購入。



この粉飴さん1kgで3840kcalを定期便利用で660円。
完成品でいろいろ手間暇かかっているとはいえグリコのワンセコレモンなんかは165kcalで200円弱。

コスト的にエナジージェル自作は大きな魅力ですよね。
で、自作のサイト参考に粉飴使って作ってみました。

出来上がりは悪くないです。

ただし結構溶けにくいですね。
溶かすのが面倒です。
粉飴ユーザーから(゚Д゚)ハァ?とか言われそうですが粉飴以外を使って試してみました。

粉飴の代用品としてチョイスしたのが
イソマルトオリゴ糖です。



つづく。


【2016/12/30 16:53】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
オフシーズンのトレーニング週記
トレーニング週記です。

12月はオフ!
ということで適当にトレーニングしてます。
3月に静岡マラソンなのでスピ練しなきゃなんですが。。。

トレーニング記録
12/17 ビルドアップで9km
12/18 フォトロゲマルチ練

12/17にポイント練習
前回のように腸内活性化しないように事前に準備をして。。。(^^ゞ
最後の1kmを3m49sで追い込めました。

12/18は会社のメンバーと駿河区フォトロゲへ。
今回は3時間の部のみ。
会社チームとして3チーム。
自分はがちチームとして同じ職場の5Jさんと。

結果、男子の部で2位(2/14位)、総合でも2位(2/100位)でした。
1位は静岡消防局チーム。
悔しい。。。

【2016/12/24 08:20】 | ジョグ/ラン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
駿河区フォトロゲ参加
駿河区フォトロゲに会社メンバーと参加してきました。
会社チームとして3チーム出場。
自分は同じ職場の5Jさんと。
5Jさん、初フルでサブ4は自分と同じですが3回目のフルでサブ3.5をかましてくれた強者です。
現在のタイムとしては自分とほぼ同等なのでペース的にはバッチリです。

今回のフォトロゲはスタートが駿府匠宿。
西は明治トンネル、東は手児の呼坂、最高峰は満観峰といった範囲。

作戦としては西の高得点ポイントであるトレイルにあるポイントを制覇しつつ時間を見ながら東のポイントを稼いでいく作戦。

相方の地図読解力が半端なく強力だったためミスリードほぼなしでポイント稼げました。

で東は満観峰〜朝鮮岩の山岳ルートを避けてロードで小銭を稼いで、結局東の手児の呼坂まで来てしまいました。
ゴールの匠宿には制限時間の約10分前に到着。
得点は616点。すでに3時間の得点ではない。。。
で結果提出して速報が掲示されて、見てみると。。。
トップは700オーバー...orz
う~ん残念。気持ちは入賞してますように。。。に切り替え。

201612240722174ae.jpg


で、表彰式。
結果は、男子の部で2位、得点的には総合2位の得点でした。
上位のチームはどこも満観峰〜朝鮮岩コースだったよう。

副賞として静岡県内の特産を戴きました。

20161224072219c3f.jpg


ランイベントで初めての表彰で素直に嬉しかったです。
次は運良く優勝狙いたい!

20161224072215ee0.jpg

【2016/12/18 22:27】 | ジョグ/ラン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
つくばマラソン後のさぼり期間
11月20日につくばで燃え尽きて、
しばらくオフと称してサボってました。
いや、回復期間?
2週間は完全オフで、その後ものらりくらり。
というか、基本朝トレしかできない身なので最近の日照時間の減少と急な冷え込みと、つくば終了ということで
朝起きるモチベがダウン中です。

20161217052400e73.png

トレーニングとしては
12/04 快適走で10km
12/06 バイクで朝ロラ 30分
12/09 バイクで朝ロラ 30分
12/10 ビルドアップで9km

12/10でようやくポイント練習で追い込めました。
久々練習でGARMINさんのトレーニング効果5.0出ました(^^)/
ラスト2〜1kmで4分ジャストでラスト1kmをさらに追い込もうとするも体幹追い込んで腸内活性化…
出る寸前でペースダウンを余儀なくされました。。。

年内はこんなペースで徐々に上げて静岡マラソンを迎えたいところです。

つくばで試した自作のエナジージェルについてもインプレや、補給食携帯アイテムのインプレも書いておかないと。。。
【2016/12/17 05:40】 | ジョグ/ラン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
つくばマラソン備忘録
自分用のメモです。

カーボローディングは特にやってません。

前日食べたもの。
朝ごはん:通常通り
昼ごはん:少し遅めにすき家のカレー
晩ごはん:静岡駅で買ったおにぎり一つと銀だこ8個入りとビール500(よく寝れます)

当日食べたもの
濃厚流動食160ml
メロンパンとまるごとバナナハーフ
スーパーヴァーム

2日前からウォーターローディングとしてOS-1を摂取。

補給食
自作エナジージェル500kcal分
メイタンサイクルチャージカフェインプラス200✕2

残補給食
自作エナジージェル1口残し
メイタンサイクルチャージカフェインプラス200を1残し

【2016/11/23 06:05】 | ジョグ/ラン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
つくばマラソン
行ってきました、つくばマラソン。
静岡からだと始発でも余裕で間に合わないので前泊です。

目標としてはしまだ大井川マラソンの記録を更新すること。
結果、3時間29分→3時間22分と7分自己ベスト更新です。特筆すべきは2万人近い大会でネットとグロスのタイムギャップが3秒というw
ウェーブスタート様々です。

天気予報は高気圧に覆われて晴れるでしょう。なんて言ってるものだからがっかりしてましたが、朝は霧、以降も曇り空で風も強くなく絶好のコンディションでした。
そんなわけなので涼しいうちに突っ込んでタイムを稼いでおく作戦としました。
案の定、30kmすぎから雲が薄くなり気温の上昇を感じて黄金のタレ発動。
なんとか5分/kmを維持。筑波大学構内に入ってからさらに垂れましたがなんとか出し切ってゴール。
東京マラソンのようにべらぼうに沿道の応援が多いわけではありませんが、田んぼの真ん中を走るときにじいちゃんばあちゃんの声援が多くてたくさんパワー頂きました。
さて、つくばエクスプレスと新幹線で藤枝戻ります。前泊で参加させてくれた家族に感謝です。



研究学園駅でのバス行列、25分ほどかかりました。律速は支払いシステム?


会場到着。昨日の雨でグランドの土は練上がった状態に。
トイレ前もだいぶ水たまりがあってもう少しゴムマットの数が増えればと思いました。


今回のランナーズアップデート。
30kmから垂れてますね。
200分切りは静岡マラソンまでお預けです。



帰りの待機バス。往路のバスもピストン搬送で数十台のバスが稼働してたっぽいです。


ゴール風景。奥に見えるアーチがフィニッシュゲートです。



当日の気象条件。
予報ほどは気温上がらずむしろしばらくは肌寒いくらい。12:00台の日照が無ければなお良しでしたが好条件には変わりありません。



というわけで昼ごはんも食べずに帰りの新幹線で一杯やりました。エスパルスの昇格がかかった試合を見ながら楽しい帰路でした。
【2016/11/20 21:50】 | ジョグ/ラン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
つくばマラソントレ
次のレースである11月のつくばマラソンに向けたトレーニング週記です。

今年二回目のフルマラソンのつくば。大井川マラソンをステップレースにさらなる高みをめざして
どこまで突っ込もうかまだ悩み中。
というわけで今週のトレーニングです。

11月07日
レスト

08日
レスト

09日
レスト

10日
レスト

11日
バイク(朝ロラ)

12日
ラン(レースペース 5km)

13日
ラン(レースペース 10km)


今週は完全テーパリングで負荷少なめのレースペース。
11日の金曜日は雨降りにつきローラーでカロリー消費。しまだ大井川マラソンにつき全然乗ってなかったので相変わらずの下降線。落ちてくスピードは半端ない。

12日は土曜日で休日ですが、近くの病院でのお祭りや、その後の娘のスイミング等々予定がつめつめ、の割には寝坊して出遅れたため近所を散策しながら5kmをレースペース。そのあと1日娘と遊び倒す。

13日はゆらくの「ちょっくら」が7:00オープンなので6:00にゆらくまで車で行きそれから10kmレースペース。開店前に戻って「ちょっくら」の開店待ち。
早い時間だと良いもの買えますね。
原木ナメコ、原木しいたけ、むかご等々を購入。
この日は娘とハイキングに行く約束で、蔵田まで車で行って、うとうげの滝までプチハイキング。5歳には大変な段差かなと思いつつもほぼ自力で滝まで降りて登って。
次はもっと遠くまで連れて行ってみよう。この日も1日娘と遊び倒す。


あっという間につくばマラソン本番まで1週間。
レースまでに仕事のプロジェクトが動き出すため気が抜けず、その関係で土曜日に休日出勤というのが心配事です。
あと天気も心配。。。
【2016/11/13 21:23】 | ジョグ/ラン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
胸ベルトの心拍計ズレ防止
自分はバイクにも乗るので心拍計はデフォルトで持っています。

胸ベルトの心拍計は強度を上げて走ると上下動のせいですぐにお腹のあたりにまでずれ落ちてしまいます。

というわけでいろいろ試行錯誤をしましたが
一番手っ取り早くずれ落ち防止になった方法がこれ。







ネックストラップでベルトと心拍計の留め具を利用して落ちないようにしたもの。

確かにこれだとずれ落ちることはないのだけれど。。。
肩や首が常にストレス受けているような感覚。

というわけでmioLINKSを購入しました。



LEDライトと電気光学セルが、皮下の血液量を感知して心拍を測定するもので、
最近はやりのGPS一体型はこのタイプ。

腕時計タイプなので胸への圧迫もないし良いのですが、
通常時心拍から走り出した時、いつまで経っても負荷のかかった心拍を拾わず下のような状態になることもしばしば。



まぁしゃーないか、たまに起こるぐらいだし。
と思って妥協してましたが、
先日見たラン✕スマの富士登山競走トレーニングにて
鏑木さんの胸元に何やら黒い帯。





これはもしや心拍計!?
しかもノースリーブの脇から出てるし。


なるほど。
背中側に回すベルトを脇から外に出してノースリーブでずり落ちないようにすれば良いのか!

早速試してみました。

お!さすが胸ベルト!
信頼度バッチリ。というわけで、スタート時からすぐに正しい心拍を返してくれます。
これなら多少ゆるめにつけてもずり落ちないし目からうろこな装着方法です。

心拍もすぐ拾うし、装着感も悪くなく良い事多いですが一点だけ不具合が。
ロングのランをすると胸ベルトが肋骨の出っ張りと擦れて擦り傷っぽくなります。
装着の仕方でなったりならなかったりしますが、ここはもう少し改善研究の余地ありです。

なかなかこれまで胸ベルトの心拍計のずれ防止方法が見つかりませんでしたがご参考までに。
【2016/11/10 21:34】 | ジョグ/ラン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
つくばマラソントレ
次のレースである11月のつくばマラソンに向けたトレーニング週記です。

先週しまだ大井川マラソンを走り終わって、3時間29分となんとか目標のサブ3.5達成。
次のつくばではどこまで突っ込もうか悩むところ。
というわけで今週のトレーニングです。

10月31日
レスト

11月01日
レスト

02日
レスト

03日
ラン(レースペース ハーフ21km)

04日
レスト

05日
レスト

06日
ラン(速めのペース 9km)



今週はレース後ということでしばらくレスト。

3日は嫁娘達が友人たちとお出かけということで時間確保。
せっかくなので少し長めにレースペース。
風がとにかく強くて、リバティランで北に向かって走ると5分/km、逆は4分30秒/kmと極端なペース。ホントは30kmのロングにしたかったのですが強風に嫌ってハーフで終了。まぁレース後の回復も含めてなので。。。


6日は秋の清掃活動にでなければならず朝はカツカツのタイムスケジュール。5:45からリバティラン開始。
9kmをレースペースにしようとしましたが調子よく
、4分30秒ほどで。ラスト1kmは追い込み基調で4分/kmジャストほど。

あっという間につくばマラソン本番まで2週間となりました。
来週は再びテーパリングで無理の無いように本番迎える感じですかね〜。
【2016/11/06 21:36】 | ジョグ/ラン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ